CITYHUNTER

映画シティーハンター「新宿プライベート・アイズ」~変わらないことの大切さ~

シティーハンター久しぶりに観た

劇場版シティーハンター「新宿プライベート・アイズ」を観てきました!
私は好きな声優さんの声を聴くと癒されるので、無性に

好きな声優さんの声が聴きたい!

と思っていたところ、シティーハンター劇場版が公開されるではありませんか!

神谷明さん、伊倉一恵さん、玄田哲章さん・・・・

豪華声優陣ばかりなので、早速行ってきました。

癒やされた…

観た結果・・・

完全に癒されました(*´ω`)

少年時代、友達と遊んだ後、家に帰ると丁度、シティーハンターの再放送がされていいましたので、それを思い出してしまいました。

私の中では、友達とお別れをした夕日と、シティーハンターがセットで思い浮かびます。

そして、声優陣もそのままの声・・・昔にタイムスリップしたような気分です。

作品の中で、新宿の街は、今現在の街を再現して描写されていますが、シティーハンターのお約束の演出は変わらずで、

モッコリだとか

おしおきハンマーだとか

あのお馴染みの赤い車だとか

背景にトンボが出てくるとか

海坊主が顔真っ赤にするとか

海坊主がファルコンだとか

銃撃戦になるとポップな音楽(※)がかかるとか
(※City Hunter挿入歌「FOOT STEPS」)

エンディングに遼がポケットに手を入れて、香に背を向けて歩いていき、GETWILDが流れるとか

そうそう!こんな演出あった!あった!

と思い出しながら、小さい頃の記憶が甦りました。シティーハンターお決まりの演出はほとんど出ていたのではないでしょうか?

 

テーマは「不変」

あまりにも昔と変わらないので、

この映画では1つのメッセージに「変わらない」というのがテーマになっているのではないかと感じました。

今回の話では香の幼馴染が登場し、その幼馴染が激変し、IT企業の社長になって香をパートナーとして迎え入れたいと言います。香にも自分のように「変われる」ということを主張しますが、香は

 

変わりたくない。

 

といいます。

亡くなった兄がしていた仕事を今のパートナー(遼)とこれからも引き継いでいきたいと言い、彼の誘いを断ります。

よく巷では

 

人は変われる!

 

なんて言うセミナーや自己啓発の本がたくさん出てきますが、変わらなくても良いもの、価値が高いものもあるのかなと思ってしまいました。

もちろん、成長するのは良いことされてはいますが、変わらなくてよい大事なものも見直していくべきだと思いました。

 

ノリが良くなる!

シティーハンター自体、放映開始当初はバブル期に作られた作品です。

そのため、

 

非常にノリの良い作品

 

です。

音楽もポップな曲だし、気持ち良いくらい敵をバタバタ倒すし、遼が「モッコリ」だとかいって、周囲を和ませるし、観ているだけで元気が出てきます。普段の生活や仕事でも「ノリ」って大事な要素だと思います。同じことをしてもノリがいい人と悪い人では相手の受け止め方や、結果がガラっと変わるんじゃないかと思います。最近ノリが悪いなぁと思っている人は、観るとノリが良くなる!…かも知れません。。

 

総評

昔見たことある人は、懐かしすぎて、昔を思い出し、ホロっと涙がでるかもしれません。私は泣きそうになりました(´;ω;`)ウッ…

また、観たことない人も「シティーハンター」という作品はもはや日本の代表的な文化となった「漫画・アニメ」を盛り上げた作品の1つでもあります。声優の方も重鎮ばかりです(*^^*)

変わらなくても良いこともある。
ノリが大事!

ちなみに劇場特典、部屋に飾ってます。香、癒される(*´ω`)