仮面ライダー電王

仮面ライダー電王名言「弱かったり、運が悪かったり、何も知らないとしても、それは何もやらない事の言い訳にならない。」

言わずもがな、仮面ライダー電王での有名な名言です。今更ですが、改めてフューチャーしたいと思います。

おさらい~名言の経緯~

このサイトにたどり着いた人なら知ってるとは思いますが 、名言の経緯をおさらいします。

仮面ライダー電王・野上良太郎は運が悪く、ひ弱な感じの主人公です。そして、この作品では、もう一人仮面ライダーがいます。

それは仮面ライダーゼロノス・桜井侑斗です。

彼は野上良太郎とは雰囲気が違い、たくましく、自信があり、力強い印象です。


ある時、野上良太郎が頼り無さすぎるために、桜井侑斗は良太郎に対し、こう言います。

桜井侑斗「やっぱりだめだな。お前。時の運行を守るのは人助けと違うって言ったろ。お前、弱いし、運も悪いし、おまけに何もわかってない。行き当たりばったりでいい人やるな。迷惑だから」

それに対し、良太郎はこう言い返します。

野上良太郎「やらなきゃいけないと思ったらやるよ・・これからも。人助けとかそんなんじゃなくて、できることがあったらやるだけなんだ。僕が電王になったときみたいに・・・。

弱かったり、運が悪かったり、何も知らないとしても、それは何もやらない事の言い訳にならない。

 

行動を起こしたい人を後押ししてくれる不朽の名言!

「僕、弱いし、運が悪いし、何も知らないので何もやりませ~ん」

っていうのは、言い訳にすらならないってことですね。 解説不要な名言です。

ただ、この言葉は良太郎が「特異点」かつ「電王」という特別な存在であり、「やるべきこと」がわかった上でのセリフです。

良太郎はひ弱で、運が悪いですが、彼は「特異点」という特別な存在であり、かつ「仮面ライダー電王」になれる唯一の存在であるわけです。

「時の運行を守る」というのは、桜井侑斗と良太郎ぐらいしかできない貴重なことなのです。

やるべきことが、しっかりと分かっているからこその”名言”なんだと思います。

やるべきことが、わからない人はどうするの?

通常、多くの人は

「やるべきことが、わからない」
「自分にできることがないから行動できない」

と感じている人が多いと思うんです。

「良太郎は電王だから、そうやってカッコイイこと言えるんだよぉー。」

と私は観たとき感じました。

 

しかし、

名言の一部を置き換えれば、良太郎だけではなく「やりたいことが少しでもある人」の行動を後押しするための名言としても使えると思いました。

どのように置き換えるのかというと、

「〇〇としても、それは△ しない事の言い訳にならない。

の〇〇と△ △を 置き換えてみるわけです。

例えば、

「ブログ書きたいけど、IT知識ないし、文章力ないしなぁ」

と思ったときこう言い換えます。

IT知識ないとか、文章力ないとしても、それはブログを書かない言い訳にはならない

IT知識は勉強すればいいわけです。文章力はブログを書きながら鍛えればいいわけです。

 

もう一つ例をあげます。

 

起業したいけど、コミュ障だし、経営する力とかないからできないよ~と言った場合、こう言い換えます。

コミュ障だとか、経営する力がないとしても、それは起業することの言い訳にはならない。

起業したいならコミュ障を克服するなり、経営の勉強するなりすればいいわけです。

私はよく「やりたいなぁ~」と思ったとき、このようにこの名言を活用して、自分の行動を後押ししています。

 

やりたいことに踏み切れない時
「〇〇としても、それは△しない事の言い訳にならない。
と言い換えてみる

 

 

今回紹介した話

今回紹介した名言は、
「仮面ライダー電王第20話 最初に言っておく」での一言でした。

19話から20話にかけてのイマジンと契約した人のストーリーもまた泣けます。やはり、夢は何歳になっても諦めちゃいかん!