仮面ライダー電王

モモタロス達から学ぶ~脱社畜の発想~

会社勤めの素朴な疑問

会社に属していると安定はしますが、人としてそれでいいの?っていうことがたくさん行われているような気がします。要は売上や出世目的の社畜的な活動のことです。
そんな中、仮面ライダー電王に登場する良太郎に憑りつくイマジン(モモタロス、ウラタロス、キンタロス、リュウタロス達)を観ていたら、脱社畜的な発想で行動しているなと思ったので、紹介します。

イマジンの主な活動

そもそもイマジンの主な活動とは

「過去に遡り、過去を壊して、世界を失くすこと。」

です。モモタロス達以外のイマジンはカイという少年に命令を受けてそのように行動しています。

それに対しモモタロス達は?

モモタロス達もカイから命令を受けているようですが、
「勝手に頭の中に声が入ってくる」
と言っています。

ボスという認識はないみたいですね。

彼らはカイの命令、全く無視です。リュウタロスは命令を聞いていましたが、「面白いから」という理由だけで従っていました。

モモタロスは「暴れたい」というのが根底にあると思います、初登場時は嫌々「あ~お前の望みを言え・・・・」なんてやる気なく、イマジンとしての仕事をしていましたが、電王になった途端、


「俺はこういうことがしたかったんだぁ」

と言い放ち、仲間であるはずのイマジン達と戦い始めます。
おいおい、他のイマジン達がやってること全く逆だぞ。。。

ウラタロスは「女性をナンパしたい」というのが目的のようです。彼に至ってはそもそも最初から使命を実行すらしていません。契約者も見つけるそぶりが全くないです。ナンパ目的なので、イケメンに憑りつくことしか考えてなかったのだと思います。

キンタロスは初登場時は契約者と契約していましたが、過去に遡って世界を壊す気は全くなく、「強さを追求したい人」に感動し、協力してあげただけでした。

リュウタロスは子供と言う設定なのでカイにのせられていました。
「良太郎を倒したら駅長にしてあげる」と言われ、行動していました。ただ、良太郎と信頼関係が結ばれ、途中から「良太郎を倒すのは嫌だ」と言います。

そして極めつけは「第39話 そしてライダーもいなくなる」
では、コハナが謎の少年カイについての情報をモモタロス達に聞くときのシーンが衝撃的でした。

コハナ「カイってイマジンのボスみたいなもんよね?」

ウラタロス「ボスって?勝手に頭の中に入ってくるだけだし・・・釣られるかどうかは僕らの勝手♪」

モモタロス「過去変えて、どうのこうのとかメンドクせぇんだよ!

・・・・

いや!それ、ボスだろ!

「敵のイマジン達=社畜」「モモタロス達=脱社畜」

もう、おわかりと思いますが、カイを組織の社長とすると
敵のイマジン = 社畜
モモタロス達 = 脱社畜

となると思います。

敵のイマジン達はボスの命令に従いますが、命令のためには手段は選ばず、理性が全くありません。やっちゃいけないことも平然とやります。まさに社畜と同じです。利益を伸ばすために、あの手この手を使います。それで人が不幸になろうが、やった~利益が上がった~ボスに褒められるー。と言って喜びます。

 

モモタロス達はやりたいことがあり、自由です。自分勝手です。しかし、イマジン達と決定的に違うのは人に迷惑をかけたりすることになると、ちょっとシュンするところです。自分としての軸があるわけです。
道徳してやっちゃいけないことか、どうかというのが先に優先されている。
でも、それ以外は自由。

敵のイマジン達(=社畜)
・ボスの命令に忠実
・道徳ゼロ
モモタロス達(=脱社畜)
・道徳優先
・それ以外、自由

ただ、これはわかりやすい例ですが、現実世界は、もっと巧妙です。
やり手の企業は人の道徳心を上手く使って、人を操っているように見えます。
例えば、社長から給料の出ない社内作業が降ってきます(この時点で違法)。
「みんなやっているのにお前がやらないことで迷惑がかかる!それでいいのか?」なんて言って道徳心を揺さぶります。(いや、給料だせや)

でも、みんな、数の理論でおされるわけです。他の社畜(イマジン)たちもやっているからやろう・・・。

もちろん、現実問題、断るとクビになってしまうので、私も現実、こんなことがあればやっていますし、皆さんにもおススメしません。しかし、社畜行為だと認識することが大事だと思います。この行為を正しいことと思ってやっていると麻痺してしまいます。

モモタロス達と同じ感覚になるには

モモタロス達と同じ感覚が得られれば、社畜から脱することができる!どうすればその発想になるか?

会社としての倫理と、自分の倫理を比較すること

だと思います。

会社に命令されたから・・・ではなく、
自分の軸としてそれはどうなのか?をしっかり見据える

また、迷ったら、先ほど紹介したウラタロスの言葉を思い出すと良いと思います。

声( 売上上げろだとか、社内仕事やれだとか )が勝手に入ってくるだけでしょう?それに釣られるかどうかは自分次第。

別に会社の命令全てをまったく無視する必要はなく、それが自分の道徳に沿っているか?今までたくさんのことを見聞きして自分の中で正しいかどうかを判断することが重要だと思いました。

社畜活動に釣られるかどうかは自分次第♪

 

今回紹介した話

仮面ライダー電王 「第39話 そしてライダーもいなくなる」

からの抜粋でした。今回紹介したコハナがウラタロスたちからカイの情報を聞く
このシーンは私のお気に入りで、観るたびにクスっと笑ってしまいます。また、オーナーがスプーンをキャッチするシーンも1刀流、2刀流バージョン、そして3刀流失敗バージョンが観れるシーンなので、見物です。