仮面ライダー

仮面ライダーキバ〜ビショップの強さとは?〜

ビショップこそ!真のファンガイア!

仮面ライダーキバを観ていて思うのは、

 

ビショップがいなかったら、ファンガイア種族はとっくに滅亡している。

 

と思うのです。

 

クイーンは歴代に渡って、人間と恋をしているし

 

キングはクイーンに振り回されるし

 

ルークは何も考えていない

 

 

明らかにビショップがファンガイア種族を支えている。

 

もともと、ファンガイアの方向性を示すのが、彼の使命だからと言われればそうかもしれないが、ファンガイア種族対する貢献度は随一でしょう。今回は彼の魅力に迫ります。

ビショップの強さの秘密

彼の言動や行動を観察しているとあることに気づきました。

 

 

それは

 

彼の言動、行動全てに

 

 

”自分”という主語がない

のです。

 

どういうことかというと、「自分のために」といった言動や行動が全くないのです。

それに引き換え他のチェックメイトフォーはというと、

  • ルークの場合
    “自分”がタイムプレイをしたい
  • クイーンの場合
    “自分が”渡と付き合いたい。
  • キングの場合
    “自分が”クイーンと結婚したい

その中でビショップだけは主語がファンガイアなのです。

 

 

ファンガイアが繁栄するかどうか?

 

 

それしか、考えていない。

たとえ王といえど、ファンガイアの繁栄に関わることなら、堂々と意見する。

 

 

 

発言したり行動する際に”自分が”を主張すると、誰もついてこないし、前に進まない。

 

 

しかし

 

 

主語に“自分が”が無くなるとき

 

 

 

とてつもないパワーを発揮する。

 

 

それがビショップの強さだと思いました。

“自分”という主語を無くすと凄まじい力を発揮する

 

 

おまけ

ちなみに「”自分”という主語を無くす」については、この本からの受け売りでした。

 

“自分”という主語を失くし、「自分探し」ではなく、「自分失くし」をすると、良い方向に進むのだそうです。