仮面ライダーオーズ

仮面ライダーオーズ~ボクサーから悩み事の解決の仕方を学ぶ~

悩み事ってつきないですよね。。。私なんて人生の半分くらい悩んでいるのではないか?と思ってしまいます。

今回は

仮面ライダーオーズ/OOO第25話 ボクサーと左手と鳥ヤミー

仮面ライダーオーズ/OOO第26話 アンクとリングと全部のせ

から、悩み事の解決方法について、学んだことを紹介します。

話の概要(知っている人は飛ばしてください)

ボクシングのチャンピオンである岡村一樹は、拳を痛め、”パンチドランカー”という症状に悩まされてもたため、防衛戦を放棄し引退をした。

しかし、防衛戦の挑戦者・武田に

「俺たちボクサーはボクシングを辞めたらもっとボロボロになりますよ。」

と言われたこともあり、悩んでいた。

岡村の「まだボクシングをしたい」という欲望にヤミーが目をつけ、次々とボクサーの拳を襲い、ボクサーから奪った拳の力で、岡村の拳を回復させる

武田と闘い、欲望を満たせという。

闘う機会を与えられ、彼はボクシングしたいという欲望に負け、闘い出す。

そして、戦い終わったあと彼は

もう一度拳を治しリングにあがると誓う。

そして、こう叫ぶ

死ぬならリングの上だ!

結局、欲望に負けはしたが・・・

結局、ヤミーの誘いにのり、欲望に負けちゃってるじゃん。。

 

しかし!

私は彼の決断は正しいと思うのです。

 

心と体はつながっています。

未練が残っている精神状態のまま、パンチドランカーという症状もある状態で次の仕事をしても、そのような状態では上手く行かず、症状もひどくなると思うのです。

日常生活でもふと、

「あのとき、ボクシングを続けていたら。。。」

なんて考えがよぎってしまえば日常生活なんて、ままなりません。

なので、彼のように

「もう一度拳を治してリングにあがる!」

制約をかけ、行動し納得さえすれば、悩み事は解決するんじゃないかと思います。

自己の体験と重ねる

私も色々悩んでますが、最近は何かと行動するようにしています。

そうすると周囲の期待や頼み事なども断らざるを得なくなり、立場的に悪くなることが多々ありますが、不思議と

後悔したことはないんですよね。

自分で決めたからそんな感情が湧き上がらないのだと思います。

 

反対に、行動しなくて後悔したことは数え切れないほどあります。

行動しないと周りの人からは嫌われませんが、自分の心は疲弊し、膨大な時間が奪われていくんですよね。

行動を後押しする考え方

行動することが大事だといいましたが、なんでも行動すればいいってもんじゃないですよね。行動の仕方にも工夫が必要だと感じました。

今回私がボクサーから学んだ、行動を後押しする考え方は以下3つでした。

  1. 後悔しないかどうかを考える
  2. 制約をつける
  3. どこで死ぬかを考える

後悔しないかどうかを考える

行動しなかった場合、

「もしかして行動しておけば良かったんじゃないか。。」

と後で考えが何回もよぎってしまいそうであれば、行動したほうが良い。

私の自己の体験にもあるとおり、行動して後悔しないケースがほとんどだと思います。これは簡単にクリアできると思います。

制約をつける

今回のボクサーの場合、「もう一度拳を治して挑戦する!」

ってやつです。自分に制約をかけると、悩み事が吹っ飛ぶと思います。

他の例(私の例ですけどね)

  • 3年以内に実力をつけて、今の会社を辞める!
  • 6ヶ月間、ブログを書くことだけに集中する!
  • 1年以内に難易度の高い資格を取得する!

どこで死ぬかを考える

ちょっと重い話ですが、ボクサーも

「死ぬならリングの上だ!」といいます。

例えばブラック企業に勤めていたとして、転職を考えています。でも、行動に移せない。

そんな場合はどこで死ぬか?を考えるといいと思います。

「会社から帰ってきて、ヘロヘロになったある朝、心肺停止。」

こんな終わり方、嫌ですよね。。。

脱出を試みてもどうなるかわかりませんが、だったら1回脱出してみるのも手だと私は思うのです。

「どこで死ぬか?」すぐに答えられるものではないですが、心には止めておきたいです。

 

迷うときは行動し、制約をかける。