仮面ライダーカブト

特撮を現実に役立てる 「FULL FORCE」~すべてを力に変える力~

個人的に好きな特撮ソングを紹介します!

ただ紹介するだけでなく、一部歌詞を引用して解釈し現実世界でも応用できるようにしていけるように記事を書いてみました。

今回紹介する曲は「FULL FORCE」という曲です。

「仮面ライダーカブト」のエンディングテーマです。とにかくカッコいい!

仮面ライダーカブトという作品について

まずは「仮面ライダーカブト」という作品について。

この作品、ライダーが「クロックアップ」という能力を使うと超高速で行動ができるようになり、ライダー以外の周りの動きが超スローモーションになるという演出が行われます。漫画「ジョジョの奇妙な物語」第3章を読んだことがある人ならわかると思いますが、DIOの能力「ザ・ワールド」が発動した時と同じような状態になります。

とにかく速さがウリのこの作品。その挿入歌なのでスピードを強調した歌詞になっています!

曲調

ノリのいいスピード感を重視した曲。特に冒頭のドラムを激しく叩くところがスピード感を際立たせています。
サビの『FULL FORCE ♪昨日よ~り速く♪』というところは、ガッツポーズして叫んでしまいそうになります。外出中ヘッドフォンで聴いているときは注意が必要です(*´ω`)

特に印象に残る歌詞

特にサビの部分が超カッコいい!一部引用します。

FULL FORCE 昨日より速く 走るのが条件
自分の限界いつも抜き去っていくのさ
FULL FORCE どんなときにでも強さという自信
体をあふれだしたらすべてが力になる。

勝手に解釈してみる

勝手ながら私はこの歌詞をこんな風に解釈しています。

FULL FORCE 昨日より速く 走るのが条件
自分の限界いつも抜き去っていくのさ

ここは2つの解釈があり、どちらも人生において必要なことだと思っています。

  1. 物理的な高速化
  2. 精神的な限界を超えること

1は単純に自分の作業を高速化すること。普段1時間かかっていた仕事や家事を40分、50分に縮めたりすると解釈しています。この曲を聴いたら5分に縮めてやる!といつも気合が入ります。

2は自分の欠点やくじけてしまうところを克服するという意味で、限界を超えることを意味していると解釈しています。仕事で失敗して、怒られたときこの歌詞を思い出し、「いつもはここでふてくされるけど、ここはいつもの自分の限界を超えて、切り替えて、今回の失敗を活かそう!」という気になります。また、「抜いていく」ではなく、「抜き去っていく」という言葉の使い方も素晴らしい!!昨日の弱い自分を置き去りにしていくという強いイメージがあります。「勢いよくぶっちぎって行けよ!」という応援の意味も含まれていると思います。

FULL FORCE どんなときにでも強さと言う自信

自己肯定感を強くイメージされる歌詞です。仮面ライダーカブトに変身する天道総司は自信の塊みたいな人物。作品を観ていた人ならこの歌詞を聞いて天道総司を思い浮かべるでしょう。

体をあふれだしたらすべてが力になる

高速になり、自分の限界を超えるとおのずと、周りも助けられるようになる。その分、周りも味方になっていく。自己を磨き続けることによって周りのすべてが味方になる!

そう全てが力になるのです!!!

・・・興奮してしまいましたが、、

この『全てが力になる』という言葉が秀逸です。

「全ての力を出す」のではなく「全てが力になる」

つまり、自分の内側にある力だけでなく、周囲のもの全てを巻き込み、力にしていくという意味が込められていると解釈しました。

どんな時に聴く?

職場に行く直前に、調子が悪いなと思ったら、この曲を聴いて集中力を高めています。朝から超高速モードで良いスタートダッシュが切れています!

曲名:FULL FORCE
歌:RIDER CHIPS
(試聴可能)