仮面ライダー

どんなに勇気出しても大体結果は決まっているけど。。勇気を出したいときに後押ししてくれるアナザーウィザード早瀬の名言!

結果は大体想像つく。しかし!

大体のことは努力したり勇気を出したりする前から、ある程度結果が決まっている。

「好きな人に告白したってフラれるに決まっている。」

「他の会社に転職しても何も変わらない」

などなど・・・・

確かに一つの真実であり、否定はできません。

しかし、

行動しないと始まらない

というのも1つの真実。

今回紹介する話は、仮面ライダージオウの7、8話。仮面ライダーウィザードの世界。いつも通り、観てたら最後の方で名言が飛び出して、ビックリしちゃいました。

話の内容(ザックリです)

経営難の劇場で、早瀬という男が働いていました。彼は劇場を経営してる女性に片思いをしていましたが、言い出せないでいました。

劇場は経営状態が悪いため、閉鎖させようとしていました。その時、彼の元にタイムジャッカー(悪い奴)が現れ、魔法を使える力(アナザーウィザードの力)を与えました。すると彼は魔法の力でマジックショーを開催し、劇場を大繁盛させます。

しかし、数年たったある日、女性は別の男性と結婚するということを知ってしまいました。それを知った男性は暴走し、女性と婚約者を襲おうとしますが、仮面ライダージオウに阻止されます。

早瀬は戦いに敗れました。しかし、ジオウの計らいで、彼は「女性に告白ができなかったときの自分」と話す機会を与えられます。

その時、彼が「過去の自分」にこう伝えます。

↓次が名言

早瀬「(告白しても)結果は変わらない、しかし、お前の未来は変わる!!」

この言葉は聞いた瞬間鳥肌が立ちました。「過去の自分」にどうしても女性に告白してもらいたい!と思って振り絞って考えた結果なのでしょう!

今回の話は、過去の自分に伝えた話ですが、私は「決断したいとき」にこの名言を思い出すようにしています。

なにかを「決断するとき」というのは、情報が出尽くしていて、考え抜かれているわけです。

なのであとは実行するしかないわけです。

そして、実行に移してもその時の結果は変わらない、いや、むしろその瞬間は赤っ恥をかいたり、屈辱を受けたりするかもしれない。

でもそれと引き換えに、

「自分を認める心」

「結果のフィードバック」

を得られる。

もし、実行に移さなかったらどうなるか?

そのことが「頭の中に残ってしまう」わけです。
そうすると普段の生活にも支障が出てくるわけです。例えば実行したいことが転職だとすると。

普段、仕事している時も「あの時、転職しておけば・・」

映画を観ている時も「あの時、転職しておけば・・」

人と話しているとときも「あの時、転職しておけば・・」

寝る時も「あの時(略)」、

永遠に頭の中に残り続けるわけです。転職が失敗して、「あの時、転職しなければ・・・」と思い出すときもあるかと思いますが「実行しなかった後悔」の方がずっと心に残り続けると思います。

だからこそ、結果が変わらないもしくは悪かったとしても、実行に移すべし!そして、その実行した結果を元に、未来は必ず変わる!

と思います(^_-)-☆

いや~たまにこういう名言が出るから特撮はやめられない!