仮面ライダー

目の前のことに一生懸命になるしかないんです~仮面ライダーオーズから学ぶ正義~

特撮ヒーロー定番!

“正義”

について!

仮面ライダーオーズ

第21話『バッタと親子と正義の味方』

第22話『チョコと信念と正義の力』

 

から学んだことを紹介させてください。

どう向き合っていくか、私なりに考えてみました。

話の概要(ザックリです)

知世子の友人・上林は人1倍、正義感が強く、法律関係の仕事を目指して司法試験合格へ向けて勉強していた。

しかし、司法試験に合格できず、うだつが上がらないと感じた上林は、自分を追い込むために、妻子を置いて別居生活を送っていた。

司法試験に合格できず、正義感も振るえないでいた上林に

ウヴァが目をつけ、

「悪いやつを懲らしめたい」

という上林の正義感の欲望を解放させ、バッタのヤミーが誕生した。

 

上林が悪いと思っている人を次々と襲っていくヤミー。

 

彼は「正義感」という欲望に溺れ、次々と”彼が悪いと思っている人”をヤミーに襲わさせていく。

 

その現場に映司が辿り着く。

上林が悪いと思っている人が、ヤミーに襲われ、恐怖に怯え、助けを求めている様子を目の当たりにし、

上林にこう言い放つ。

あれが上林さんの考える正義ですか?

あれがやりたかったことなんですか!?

 

上林は愕然とする。

 

その後、彼は反省し「自分がつくづく嫌になった」と肩を落とす。

映司は「誰が間違っているとか、正しいとかっていうのは難しいし、戦争もそうやって起こっているのだと思う。」という。

上林は「だからといって、悪い奴らを放って置いて良いわけではないですよね?」

と映司に問いかける。

すると映司はこう答える

目の前で起こっていることに一生懸命になるしかないんです。

小さな幸せを守るために

その後、ヤミーを倒し、後日、知世子の店に上林の家族が訪れる。

目の前の幸せを守るために、家族と同居しながら、弁護士になることを宣言する。

 

正義を考えるのは難しい

”正義とは何か?”という話になっていまうとお察しのとおり、非常に難しいです。

今回、上林さんが襲った悪い人たちも、明らかに悪そうな人間だろうけども、

では、その悪そうな人間が怯えているのに、

執拗に懲らしめていいのだろうか?

 

その悪そうな人間に、大切な人間がいた場合、

彼らの気持は一体どうなるのか?

 

という話になっていまいます。

 

私の一つの答えとしては

「正義とは何か?」っていう切り口では、考えること自体は無駄にはなりませんが、おそらく答えは出ず、具体的な行動に移すことはできないと思います。

自分が実行できることを考える

ではどんな切り口で考えれば良いか?

 

正義とは何か?で考えるのではなく、

自分が実行できる正義は何か?

で考える。

 

映司や上林さんが言っている通り、

目の前のことに一生懸命になる。

小さな幸せを守る。

これも確かに良いことだと思いますが、

私からしてみると、これだとちょっとまだ漠然としているし、重い。

バイトして、司法試験受けて、家族と一緒に過ごすなんて上林さんならできるかもしれないけど、私みたいなダメ人間には無理だと思ってしまうのです。

 

ではどうすれば良いか?

 

ぶっちゃけ、語弊はありますが、

 

やりやすいことから実行する

 

具体的にいうと、靴をそろえるとか、家の汚いところをサッと拭いたりだとかそういうことです。

 

そんなの当たり前だ!というか、今までやってなかったの!?

 

という声が聴こえてきそうですが・・・^^;

 

もちろん、もっとデキる人は、もっと違うことも実践しても良い話で、

ここで主張したいのは、”目の前の簡単な正義”ってたくさんあるということ。

 

「靴揃えてもらっちゃ困るよ~」

「家の汚いところ、拭かれて困るよ~」

 

っていうやつは、バイキンマンぐらいなわけです。

 

目の前の簡単なことこそ、絶対の正義。

 

自分の足元を見るのは大事なことだと、この話から学びました。

早速実践

このブログはあくまで、実践するブログなので、早速、玄関の靴をそろえてみました。仮面ライダーオーズを観て「靴をそろえよう!」と思うのは私一人くらいなものだ・・・ふっふっふ・・・(これは何の欲望?)

っていうか、靴みんなボロボロだな。。。それに、玄関自体が汚い。。

それに毎日続けないと意味ないよね。

 

とりあえず正義を1つ実行。

 

目の前の幸せこそ、絶対の正義