ハンターハンター

”心が正しく形を成す”とは何か?ハンターハンターのネテロ会長の言葉を深読みし、現実に役立てる

私が尊敬する冨樫義博先生のハンターハンターでの名言を読み解いていきます。冨樫義博先生の作品は私の中では人生のバイブルです。

今回はハンターハンターのネテロ会長の名言

心が正しく形を成せば

想いとなり想いこそが実を結ぶのだ。

を、読み解いていきます。

まず、この名言で

 

想いこそが実を結ぶのだ。

 

という言葉がありますが、これだけだと、「願っていれば願いが叶うよ。」と言う意味なので、これだけだと、全くの嘘になりますね。

何故かというと例えば

 

「過去に戻りたい!」
「死んだ人を生き返らせてほしい!」

 

と願い続けていても、今の現実では到底無理な話なわけです。

ただ、このネテロ会長の名言はその言葉の前に

 

心が正しく形をなせば

 

という言葉がついています。

これってなんでしょう?

私は「自分の望みを正確に理解し、冷静な判断ができる状態」のことを指すと考察しています。

例えば願いが「死んだ人を生き返らせたい!」だった場合、どんなに祈っても無理なのはわかっているでしょう。大切な人であればあるほど、そういう願いが浮かんでくるのは仕方がないですが、これを「現実の願い」にしてしまうと、冷静な判断ができていないわけです。

「冷静な判断ができない=心が正しく形を成していない」

わけです。

また、「過去に戻りたい!」と言う願いは、望みを正確に理解していないと言えます。

なぜかというと「過去に戻って何をするのか?」ということがわからないからです。

もっと具体的に言い換えて

医者になりたくて、大学受験に失敗したので過去に戻ってもう一回、試験を受けて合格したい」

だったとします。これもまだ願いが正確ではない。なぜなら「医者になって何するのか?」ということがわからないからです。

「医者になって、人の命を助けたい。だから過去に戻って大学受験で合格する必要があった。」

これもまだ望みが正確ではない。

人の命を助けるのだけなら、警察官・消防士じゃあだめなの?医者じゃなきゃだめなの?というか、人の命を助けたいのは日本限定?世界で飢餓に苦しんでいる人は助けたいとは思わないか?・・・などなど。ここで、最初の「過去に戻りたい」って願いは全然的外れだということがわかると思います。

「自分の望みを正確に理解していない=心が正しく形を成していない」

訳です。ちょっと意地悪な考え方にもみえますが、このように、深く掘り下げていって正確に捉える必要があります。こういった望みを正確にそして、瞬時に答えられる状態が

 

心が正しく形を成す

 

ということだと理解しています。

なので何が言いたいかというと、
「心が正しく形を成す」というのは非常に難しいことなのです。

正直私もまだ答えが出ないです。しかし、行動力があったり、結果を出す人というのは、瞬時に「自分の望みを正確に理解し、冷静な判断ができる」のです。

瞬時にそれができるとどうなるか?願いがはっきりわかっているので、モチベーションが下がらない。それに、願いを正確に瞬時に答えられると、周りも認めてくれてサポートも受けやすい。だから願いが叶いやすくなるわけです。

「心が正しく形を成す」ことで自分の望みが正確にわかり、願いが叶いやすくなる

 

今回紹介した名言

今回紹介した名言は「HUNTER×HUNTER 第28巻」での名言でした。