仮面ライダー

ズレてても気にしない精神。仮面ライダー電王、デネブから学ぶ

皆さん、たまに

「自分はズレているかも。」

気にしたりしていませんか?私はちょっと気にしてしまうタイプです。

そんなとき、あるキャラクターをみて、なーんだ、こういうズレかたならいいんだぁって思いました。

それは仮面ライダー電王に登場するデネブというキャラクターです。

彼は仮面ライダーゼロノスである桜井侑斗と契約しているイマジン(モンスター)なのですが、よく桜井に

お前、ズレてんだよ!

と怒られます。

どういうズレかたをするのかというと、

「ほぼ初対面の人に飴をくばり、今後もよろしく!」

といったります。
みんな飴が好きというわけでもないし、 初対面の人に飴を配っても 毒が入っているかもしれないので、渡したところで、食べてくれるかどうかもわからないですよね。

ズレていますよね?

また、敵と戦う際に、少し卑怯な手を使うと「こういうのはよくない!」といってフェアな条件で戦おうとします。

命をとられるかもしないわけだし、スポーツじゃないんだから卑怯とか言ってる場合じゃないですよね。

ズレていますよね?

でも、観ているとデネブの行動は別に迷惑をかけているわけでないし、むしろ微笑ましく感じる。ただの「ズレている」とは違うような気がします。仲良くなりたい人に飴を配るのも、命を懸けた戦いにフェアな戦いを挑むのも、ズレてるけど、本来そうあって欲しいよね。ってことをするような気がします。

それと、侑斗がデネブに対して「間違っている」とは言わないんですよね。
「ズレている」と言います。これってどういうことかというと、

「悪いことではないんだけど、周りは普通そうしないから恥ずかしい」

という意味が込められていると思います。悪くはないんだけど、世間的にそうしない。私はこう思いました。

これって実はズレているんじゃないくて、型にハマらない良いことをしているんじゃあないでしょうか?

周りが普通しないことって、結構良いことが隠されていると思うんです。

なので、日常生活においても自分が「ズレている」行動をしてしまって、周りから何か言われた場合、本当にただ「ズレている」だけなのか?それとも周りの同調圧力で「ズレている」と決めつけられているだけなのか?しっかりと見極めていきたいと思いました。

なので、ズレていると言われても落ち込むのではなく、もしかしたら型にハマらない良いことをしているのかもしれない!と考えてみると良いかもしれません。そこに成長のヒントが隠されていると思います。

 

「ズレている」は成長のヒント