仮面ライダー

仮面ライダーキバから学ぶ~根に持たない心~

仮面ライダーキバを観ているとあることに気づきました。

 

根に持たない登場人物が多い。

 

誰かというと、この3人です。

    • 麻生めぐみ
    • 次狼
    • 名護さん

1人1人解説していきます。

根に持たない登場人物たち

麻生めぐみの場合

母親の意志を継ぐため、イクサの力が欲しかったが、青空の会に認められず、ライバルである名護さんがイクサを持っている時の話です。
20話で、名護さんが攫われ、イクサはめぐみが持っているのですが、名護さんにイクサを渡します。その後も26話でイクサがファンガイアに奪われ、名護さんにイクサを渡します。完全にサポートに回るめぐみを観て、涙目になってしまいました。

次狼の場合

次狼は麻生ゆりと結婚して種族を反映させたかった。しかし、ゆりは音也を愛して、次狼は一時、姿を眩ました。

その後、結局、姿を現したあと、第30話では音也に対し

「俺が身をひいてやったんだぞ!」

みたいなことを言います。本当に根に持ってたら、そもそも姿現さないし、逆恨みしてもおかしくはないと思いますが、この発言。言わない発言です。次狼の好感度が上がる場面です。

名護さんの場合

ミュージシャンの夢を打ち砕かれれ、絶望した健吾さんが、イクサになります。名護さんは悔しがりますが、その後、彼のサポートに回ります。しかし、そのたびに、健吾さんにコーヒーかけられたり、殴られたり、蹴られたりします。なぜ怒らない!?

なぜ?根に持たないのか?

3人それぞれの根に持たないシーンを観ていて、大変、清々しく感じました。こうありたいと思いました。通常だったら、根に持って逆恨みするレベルだと思うのですが、なぜ?根に持たないのか?分析してみました。

それは2つ理由があると思いました。

相手を心の何処かで認めている。または気持ちがわかる。

相手に対して、嫌いではあるが、ある部分、認めているのではないでしょうか?めぐみの場合は、名護さんは嫌いだけど、強くて頼れるところは認めているし、次狼は音也は嫌いだが、人間ではないとわかっても、対等に付き合う音也を認めていたのではないでしょうか?また、名護さんは、健吾の絶望した気持ちをわかっていたのではないでしょうか?

目的をしっかり持っている。

また、それぞれ目的がしっかりしていたのではないかと思います。

    • めぐみは母親の意志を継いでファンガイアを倒すこと。イクサはあくまで手段。
      (※めぐみは第20話で自分の目的を考え”戦士として生きる”と目的を宣言していました。)
    • 次狼は種族の繁栄。ゆりと結婚するのはあくまで手段。(好きだったのかもしれないが)
    • 名護さんは正しい行いをすること。イクサはあくまで手段。

この2つの条件がそろえば、根に持つことが、少なくなると思いました。

まぁこの2つの条件をそろえるのが、難しいんでしょうけど(>_<)

根に持たないためには
・相手を認める
・目的を持つ