仮面ライダーW

”きっとそれが、本当のあなたですね”~フィリップ、若菜姫から学ぶ「言葉の掛け方」~

言葉の力。

目に見えないけど、物凄い力があると思います。

同じような意味であっても、言葉の掛け方の違いで人の心を動かすのだと思います。

仮面ライダーW

「仮面ライダーW第14話 レディオでQ/生中継大パニック」

でフィリップが若菜姫に掛けた言葉が印象に残りました。

話の概要

表向きは風都のアイドル「園咲若菜」として活躍している、通称「若菜姫」。

しかし、彼女は裏では自分勝手で高慢な態度をとる女性。

そんな彼女が「ミスタークエスチョン」と名乗る人物から狙われる事件が発生。

事件が進む中でフィリップを頼るようになり、その過程でフィリップに自分の家族の悩みなどを打ち明け始める。

その純真な若菜の側面をすぐに気づき、フィリップは彼女にこう声を掛けます。

とても優しい声でしたよ。今の若菜さん。

きっとそれが、本当のあなたですね。

 

その後、真犯人を見つけ、彼女は復讐をしようとしますが

フィリップの言葉を思い出し、復讐を踏みとどまります。

 

声の掛け方が神

「高慢な態度の若菜姫」

「優しい声の若菜姫」

実際のところ、どちらの姿も本人であり、

「高慢な態度」という悪い側面が現れることが多いのだと私は思います。

 

しかし、

 

優しい声をした時の彼女が

「本当のあなた」

と言ってあげる

 

そのことにより、「高慢な態度」から「優しい声」の若菜姫に徐々にシフトしていく・・・

それとは逆に、

「高慢な態度」のお前が本当のお前だ!

何て言ったらどうでしょう?事実ではあると思いますが、更に「高慢な態度」の若菜姫に変貌していくのだと思います。

 

どちらも事実だけど、言い方ひとつで心の動きは逆に向かう。

私も人の良い側面が現れるような、そういった言葉をかけていきたい。

 

人の良い側面を言葉にすると相手が変わる

 

RELATED