仮面ライダー

”俺たちはきっとまた会う、そしたら・・”ジオウスピンオフ「仮面ライダー龍騎」から学んだこと

 仮面ライダージオウ スピンオフ RIDER TIME 仮面ライダー龍騎

※ネタバレです。
仮面ライダージオウスピンオフ RIDER TIME 仮面ライダー龍騎観ました!

学生の頃、仮面ライダー龍騎観て心が震え、それから17年!

生きてて、良かった\(^o^)/

日本に生まれて良かった\(^o^)/

感無量

で、冷静になれず、言葉にし辛いですが、

現実に活かしたい部分を抜粋して

学んだことを書きます。

生まれ変わってもくだらない喧嘩しような

なんといっても

真司と蓮の最後のやりとり、

真司「なあ連、俺たちまた会えるよな。戦いのない世界で」

連「ああ、俺達はきっとまた会う。そうしたら、また喧嘩だろうがな

真司「ああ、また喧嘩しようぜ思いっきりくだらない喧嘩をな。」

連「くだらない喧嘩か・・楽しそうだ」

これがこの作品を物語っていると言えます。

記憶はなくなっていても、

真司と蓮は喧嘩をし続ける。

浅倉と北岡(ゴローちゃん)は戦い続ける。
(記憶残ってたけどな)

手塚の占いは当たる。

芝浦はゲーム感覚。

 

状況や環境によって左右されるけども、
(手塚とガイの関係のように笑)

 

生まれたときから変わらない何かがある。

 

仮面ライダー龍騎という作品は、それぞれのキャラクターの色が非常に濃い!もちろん、他の仮面ライダー作品も濃いキャラクタばかりですが、それを更に上回るほどの濃さ。

それはなぜかというと、

蓮が言った

そうしたら、また喧嘩だろうがな

の台詞の通り

生まれ変わっても、また同じことするんだろうな。。。

と思わせてしまうほどキャラが立っているからです。

当時放映していた、「仮面ライダー龍騎」の挿入歌「Revolution」の歌詞の一節で、

この胸に生まれついた生きる威力を武器に

孤独だって何度だって強くなれ。

こんな歌詞がありました。

そう!

昔からテーマは変わっていないのです。

 

現実にも言える話

これは現実も言える話だと思います。

「あの人は生まれ変わっても多分そうするだろうなぁ~」

また、

「自分は生まれ変わってもこうだろうなぁ~」

そう思う部分がありませんか?

それは良いところだったり、

悪いところだったりするかもしれませんが、

それと向き合う、育てることで、強く生き抜けていける

 

そう

 

世の中をサバイブできるのです。

 

生まれ変わって記憶がなくても変わらないものが存在する。
それと向き合い、育て、サバイブせよ!

 

終わりに

17年経っても、自然に観れてしまう演技をしてくださった皆様や、企画してくださった皆様に感謝しかない!少なくとも、私の人生に多大な影響を与えてくれているこの作品。3話ですが一気に仮面ライダー龍騎の世界に引き込まれてしまいました。

 

これからも応援していきたい。

蓮がいっていた。

俺たちはきっとまた会う!

信じたい!

仮面ライダー龍騎よ永遠に!