仮面ライダー

大切なのはその”欲しい”って気持ちをどうするか?仮面ライダーオーズから学ぶ~感情のコントロール~

今回は仮面ライダーオーズ第6話「お洋服と契約と最強コンボ」から学んだことを紹介させてください。欲望と向き合う良い話です。

話の概要(ざっくりです)

比奈の学校の同級生に家庭が裕福でお金持ちな女性・山野がいた。

彼女は服を買うのが好きで、いつも大量の服を購入していた。

ある日、山野の父親の会社が倒産するが、それでも彼女は服を買うのをやめない。

比奈はそれを止めようとするが、言い争いになる。山野は激情したあげく、万札を床にばらまく。

現場にいた映司はその万札を拾い上げる。

映司がお金を拾う様子をみて、軽蔑する比奈。

しかし、彼はこう答える。

俺、色んな所行ったけど、何も欲しく無い人なんていないよ。お金じゃなくてもモノとか色々。そう思うのが生きるのに必要な国もあったし。欲しいっていうのは、そこはいいんじゃないって思う。大切なのはその”欲しい”って気持ちをどうするか・・・かも。後で返してあげて。

そして、拾った万札を比奈に渡す。

 

その後、山野は自分の欲望により誕生したヤミーを見て反省し、比奈は山野にこう話す。

”欲しい”って思うのは悪くない。大切なのはその気持をどうするか。

 

彼女は欲しい気持ちをどうしたか?考えてみた。

仮面ライダーオーズでは”欲望”というのが重要なファクター!欲望と向き合うためのヒントとなるのがこの名言なのです!

私は欲望だらけな人間なので、この名言にビビっと来ちゃいました。

ちなみに私はみんなから尊敬の目で見られることが大好きです!(大した努力もしないのにね。。。)

さて!話を本題に移し・・・

この話は、最後に山野がパン屋で働き、同級生と仲良く話すシーンで終わります。

 

彼女は結局、欲しい気持ちと、どのように向き合ったのでしょうか?

ちょっと考えてみました。

そもそも、この話の中で彼女は

「お金持ちな家庭だけど、セレブとはいえないような田舎暮らしだったから、引け目を感じていて、それで洋服を着るとその引け目が感じられなくなった。」

だから、洋服を購入していたそうです。

そういった事情を踏まえると

彼女の答えは3つあると思いました。

 

  1. 欲しいものは自分が働いたお金で買うと決めた。
  2. 服に頼らず友人と仲良くすることを決めた。
  3. 服も色んな服があるとわかり、パン屋のユニフォームもいいと思った。

 

こんなところでしょうか?

皆さんはどう考えたでしょうか?

 

”欲しい”って気持ちをどうするか?の時点で・・・

この名言の良いところは、

”欲しい”って気持ちをどうするか?

ということに気づいた時点で

欲望が半分消えているのではないか?

と私は思います。

欲しい!欲しい!と思う自分を外から冷静にみつめている。

そんな状態だと思うのです。

また、この名言は欲しいもの、つまり”欲望”という感情に限らず、

様々な感情にも使える名言です。

 

俺、今、怒ってるな。

 

凹んでるな

 

なんか、悲しいな・・・

 

怒り、落胆、悲しみ、欲望などなど・・・。

そういうことに気づいた時点で、

解放された感じになる。

 

自分が感情的になっているな

 

と思ったら、

 

○○って気持ちをどうするか?

 

という風に考えて、心を落ち着けてみようと思いました。

○○って気持ちをどうするか?で、自己の感情をコントロール