仮面ライダー

「大事なのは何をしたか」仮面ライダーオーズから学ぶ〜今できることをやる〜

今回紹介するのは仮面ライダーオーズ第11話、第12話

 

なんと、今回はブロガーの欲望の話でした。

 

話の概要(一部抜粋)

世界放浪の旅を終え、

それを一冊の本にしたい!

と言う旅ブロガーの筑波。

しかし、文章力が無いと出版社に断られる。

有名になりたい!

という欲望につけこまれた筑波はヤミーの力で、文章力、話術を与えられ、順調に欲望を満たしていくが、欲望をさらに求め、

映司に

「内戦に巻き込まれた時のネタを俺にくれ!」

と迫る

その時、ヤミーが現れ、映司と比奈、筑波で現場に駆けつける。

ヤミーが人を襲っているところを目の当たりにし、あのヤミーは筑波の”有名になりたい”という欲望から生まれたことを比奈から聞く。

自分の欲望のせいで、人が襲われていることを理解し、ショックを受ける筑波。

そして、映司がヤミーと戦いながら筑波にいう

映司「俺が内戦に巻き込まれた話。筑波さんの話にしていいですよ。」

筑波「え」

映司「有名になるためでもなんでもいい。争いがどれだけ人を苦しめるか伝えられるなら・・」

映司「大事なのは何をしたかだと思うし」

目の前の人を一生懸命助ける映司を見て、筑波は衝撃を受ける。

筑波「あかん。オレなんもしてへん。」

比奈「え?どういうことですか?」

筑波「世界放浪の旅ってホンマは行ってないねん。行っとる気になってブログ書いてただけやねん」

筑波「オレ実力も実績もないのに成功したやつの事妬んで。背伸びしていただけや。」

その後、映司はヤミーを倒し、筑波は

今できることをやる

と考えを改め、

自転車で北海道旅行の旅にでる。

 

嘘はいか~ん!

筑波さん、嘘はいかんよ!

しかし、

“迷惑をかけている”と知って我を取り戻す筑波さんはイイ人。

自分だったら、ヤケになって

「他人の迷惑など知るか!俺は有名になるんだぁ!」

とかいいそう。。私がヤミーに狙われたら大変な惨事がおきるかも。。

私は一体、特撮から何を学んだのか?

日々精進あるのみです。

今できることをやるって?

このエピソードのキモである

 

今できることをやる。

 

良いことだとは思いますが

それが非常に難しい!

と、私は思うんですよね。

筑波さんの目的は”有名になる”ことなので、

世界放浪の旅をした!と嘘をつくことも

「今やれること」

のように見えなくもない。

じゃあどうするのか?

この話でも出てきましたが、

したつもりになっていないか?

というのが、大切。

旅をしたつもりになってないか?

じゃあ?したつもりになっていないかを判断するにはどうすればいいか?

それを解決する方法はおそらく

 

その後どうなるのか?

 

を想像することではないでしょうか?

 

筑波さんの例で言うと、嘘をついてそのあと有名になっても、嘘がバレるか、バレなくてもその罪悪感に苛まされると思うんです。

だから筑波さんの場合は、旅の実績をつけるために北海道旅行。

ってな話になる。

そう考えると、

今できることをやるしても、

想像する力

が必要なんだな。

と思います。

 

その想像力をどうつけるか?

 

そこが難しいんですが…

 

まぁ。。。

 

マイペンライっ♪

 

ということで。。

その後どうなるのか?を想像すると「したつもり」にならない