仮面ライダー

仮面ライダーライアから学ぶ~占い師じゃなくても予想は7割当たる~

今回は平成仮面ライダー龍騎、仮面ライダーライアから学んだことを書きたいと思います。※ネタバレです。

仮面ライダーライアとは?(おさらい)

仮面ライダー龍騎は13人のライダーたちが争い合い、生き残ったライダーが願いを叶えられるという物語です。その中で仮面ライダーライアである手塚海之(てづかみゆき)は仮面ライダー龍騎(城戸真司)と同じく、ライダー同士の戦いをやめさせる側につきます。彼は占い師であり、その占いは100%当たります。口癖は「俺の占いは当たる」です。
ある日、手塚が占うと「城戸が倒される」という占い結果がでました。手塚はその占い結果を外すために、城戸の身代わりになって倒されてしまいます。彼の退場間際の言葉が「未来は変えられる」でした。

この道を行けばどうなるものか?

占いとはいかないまでも、突発的な事故や宝くじが当たったりしない限りは、このまま普通に生活していくと自分がどうなるか?ということはなんとなく感じているとは思います。いきなり貧乏になったりはしないし、いきなり石油王になったりしないわけです。会社勤めの人は課長になるのか?部長になるのか?さては平社員のままか?などはわからないにしても「会社勤めを数十年、十数年、続ける」という意味では同じです。

なので、同じ行動をしていると、予想通りの未来がまっていると思います。

占い師ではなくても自分の未来は7割くらい想像できるのではないでしょうか?

そこで手塚のように「予想した自分の未来」を変える行動をしていくようにすると良いと思いました。

自分の場合

私の職業はプログラマーで、地頭がなく、指示を受けないと自分で動けない人間です。おそらくこのままだと、成熟した技術者になれず、あと数年で戦力外通告を受けることになると思っています。仮に成熟した技術者になったとしても、会社にコキ使われて、過労死とは言わないまでも地獄を見るでしょう・・・。

「俺の占いは7割当たる!」( ー`дー´)キリッ

って言ってる場合か?

このように予想ができてしまうので、私は

「今は収入源として現在の会社で働いているが3年後には会社を辞めて、新しい道を進む!」

と決めることにしました。そうするとなんだか少し人生が楽しくなってきました。こうやって楽しんでブログ書いているしね。

とこんな感じで、みなさんも予想するとおそらく7割くらいはあたる占い結果が出るので、自分の未来を予想してみましょう!

自分の将来を予想してみると高確率で当たるはず。
そして、その将来が嫌ならすぐに行動に移す。