仮面ライダー

「戦いの途中でゴチャゴチャ迷わなければどう決めたっていい」”決めること”で迷いを断つ!

仮面ライダーゼロノス 桜井侑斗の名言!

大抵、名言が出る瞬間というのは

「ここが名言ですよ!」

といった感じで

感動の音楽をかけるとか

それとは逆にBGMを止めるとか

演出をすると思います。

しかし、そういった演出がないところで仮面ライダーゼロノス・桜井侑斗が放った一言が非常に共感する内容だったので、紹介させて下さい。

 

名言のシーン

物語の後半、良太郎はモモタロスと「一緒に戦わない」ことを宣言します。

そのため、モモタロスと険悪なムードになります。

それを心配したハナが

「良太郎、これから本当に一人で戦うつもりかなぁ」

とボソッといったあとの、桜井侑斗の一言です。

 

これは野上たちの問題だ。戦いの途中でゴチャゴチャ迷わなければどう決めたっていい。

 

日常生活でもよくある話

モモタロスたちと一緒に戦ったほうが明らかに戦力は高いが、

戦ってる最中に

「いや。。やっぱりモモタロスたちと戦いたくない。。」

なんて言ってたら、隙が生まれ、勝てるものも勝てない。侑斗の言うとおり、

一緒に戦うなら戦う。

戦わないなら戦わない。

と決めて戦いの最中に迷いを無くすべきです。

言われてみれば当たり前のことで、どこが名言なんだ?と思うかもしれませんが、この言葉、戦いの時だけのことではないと私は思いました。

人生や、普段の仕事、生活を考える上でも大事な考え方だと思いました。

私の話になりますが、このシーンを観ていた時、仕事のパフォーマンスが昔より落ちていることに悩んでいました。

集中力が散漫な状態。

それもそのはず。

今の職場で人間関係が上手く築けず、仕事をしながら

「転職しようかなぁ」

なんて思いながら仕事をしていました。

しかし、

このシーンを観て、今、自分はこの名言と同じように戦っている最中(仕事をしてい最中)にゴチャゴチャ考えていたわけです。これでは仕事に集中できるわけがない。

極端な話、迷いさえなければ、転職しようが、どうしようがが関係ないんです。あとは決めるだけ!結局私は

「3年後にこの会社を辞める!」

という決断をしました。その結果、仕事の最中にゴチャゴチャ考えることは少なくなりました。

途中でゴチャゴチャ迷わなければ、どう決めたって良い問題というのが、身の回りにたくさんあると私は感じました。特に人生を左右するようなことって、悩むことももちろん大事ですが、「決めて突き進むこと」の方がもっと大事だと感じました。

ちなみに今回のように「あとは決めるだけ」って状態の事、私の勤めているSier業界でいうと「決めの問題」って言うんだけど、ほかの業界でもいうのかな?

 

「決める」とこで目の前のことに集中できる

 

今回紹介した話

今回紹介した名言は、仮面ライダー電王第44話「決意のシングルアクション 」での一言でした。電王に変身しない、生身のモモタロス、ウラタロス、キンタロス、リュウタロスの戦いが見れる貴重な回です。また、良太郎とモモタロスのぶつかり合いもある、後半の物語のキーとなる重要な回です。