仮面ライダー

仮面ライダーキバ、襟立健吾先輩から学ぶ〜落ち込んだときの名言〜

仮面ライダーキバで一番好きなキャラクター。

 

それは・・・・ジンジン先輩こと、

 

襟立健吾先輩!

 

今回は、健吾先輩と、嶋さんの名シーンから学んだことを紹介させてください!

 

シーンの紹介(ザックリです)

ファンガイアとの戦いで腕を負傷した健吾。

すぐ治ると思っていたが、医者からギターを弾ける程には回復しないと宣告される。ミュージシャンになるという夢が破れ、傷心する健吾。カフェに戻るが、師匠だと思っていた名護が「健吾は弟子ではない」と、渡に話しているところを目撃する。

それを聞いた健吾は外へ飛び出す。雨の中、こう叫ぶ。

健吾「なんでや…なんでこうなったんや。

夢も、友達も、尊敬した師匠も全部失ってもうた。

俺はこれからどないしたらいいんや!

その時、嶋が現われ、健吾の上に傘をかけてやり、彼にこう諭す

嶋「流した涙はいつかは乾く。

 大切なのはこれから何をするかだ!

 

嶋さん!(T_T)

何もかも失ったのならば、これからのことを考えるしかない!

私は健吾さんほど色々なものを失った経験はありませんが、よく仕事で失敗して落ち込みます。

 

何が悪かったんだ?

 

これからどうしよう?

 

と不安になることがよくあります。

その時はこの言葉を思い出し、好き勝手にこれからのことを考えます。

やべー。また仕事で怒られた。。もうそろそろクビかな。。

いや!

 

大切なのはこれから何をするかだ!

 

上手いもの食べるか!

まずは寝るか!

いっそのことクビになって新たな人生始めるか!

そういえば、子供の頃、秘密基地を作るのが好きだったなあ。作ってみるか!?

 

・・・

 

とまあ、おバカなことも含め、色々考えているうちに、心が晴れてきます。

 

”悪かった点を反省し、仕事を頑張る”

 

という選択肢がベターかも知れませんが、人間、つらい過去に向き合えるものではありません。

ポイントは過去を引きづらないことだと思うので、嫌だった過去のことを考えなければ、全然OKだと、私は思います。

 

「これから何をするか!」で迷い無し

 

今回紹介した話

仮面ライダーキバ第31話 喝采・母に捧げる変身

からのワンシーンでした。

ここで、今まで暴れまわっていたルークが倒される。手に汗握る回でもあります!

関連記事の紹介

特に仮面ライダーキバ31話については、傑作回だと思っているので、もう1つ記事を書いています。読んでくださると幸いです。