仮面ライダーW

仮面ライダーWフィリップから学ぶ〜より良く学習する方法〜

学習は永遠のテーマ!

学習すること。

それは人がより良く生きていくための永遠のテーマだと思います。

子供の頃は親や先生が教えてくれますが

受験勉強となれば、如実に差が開き、

更に社会に出て大人になると、必要な知識は自分で勉強することになるわけです。

 

学習を制すれば人生を制す!

 

といっても過言では無いでしょう。

そんな中、

 

仮面ライダーWに登場する

フィリップ

 

というキャラクターがいます。

彼は地球のすべてと言っていいほどの、知識が頭に詰まっているというキャラクターです。

彼は学習するときに、瞬時に内容を理解するわけではありません。

どうやって学習しているかというと、

 

学習した内容をホワイトボードに書き出すのです。

 

しかも、声を出して。

 

例えば、第1話では

「たこ焼き」

が知らなくて、「たこ焼き」について学習をし始めます。(なぜたこ焼きを知らないんだ?^^;)

そうするとブツブツしゃべりだして、たこ焼きについての情報をホワイトボードに書き出します。

そう!

 

アウトプットをして学習している!

上手く学習できていない人というのは、話す、書く、教えるなどのアウトプットが少ない可能性があります。

フィリップはホワイトボードに書くことに、加え、にも出して学習している!

二重にアウトプットしている。

私もそれを見習い、書きまくることにしています。(恥ずかしいので声には出していませんが)

 

そして、どでかいホワイトボードも買っちゃいました!

 

・・・・

 

 

家族からブーイングの嵐ですが何か?

ただフィリップのマネがしたいだけかもしれない。。

 

天才でもアウトプットをする

 

 

RELATED